家庭用蓄電池の使い方はたくさんある!すぐに実践できる家庭用蓄電池の雑学を紹介

家庭用蓄電池が最近注目をあつめることになっています。
それは原油価格の高騰や、EVなどの普及に伴って昼要請を感じている人も多くなっているんです。
とくにオール電化にしている家庭では停電になったときに生活がままならず、困ることになります。
そこで非常に注目される事態になっているわけなのです。
当サイトではその豆知識や雑学についてご紹介していきたいと思います。
少しでも皆様のお役に立てることを願ってやみません。

家庭用蓄電池の使い方はたくさんある!すぐに実践できる家庭用蓄電池の雑学を紹介

家庭用蓄電池は主に太陽光ソーラーパネルで集めた電気を集めておき、生活のあらゆるシーンに活用するものです。
オール電化の家庭であれば床暖房、冷房にお風呂やキッチンの湯沸かし、コンロの火力などに使われます。
しかし蓄電池の活用範囲はそれだけにとどまりません。
今後電気自動車のEVが普及していくことが予測され、各過程で一層の電力を蓄えておく非地用があります。
このように家庭用蓄電池はEVにも使えるのです。
このような雑学をもとに、今一度自分の生活を見直しエネルギー源をどのようにためておくか考えるきっかけにするとよいです。

家庭用蓄電池はライフラインが止まった時に役立つ

家庭用蓄電池はライフラインが止まった時に役立ちます。
要するに大規模な災害などで停電してしまったような場合でも、蓄電池があれば即座に電気が使えなくなることはなく、そこに蓄えられた容量分だけは使い続けることができるわけです。
災害などに対しては日頃からの備えが大事であって、このような点に関しては基本的には例えば電池とか、ろうそくなど照明器具代わりになるものを用意するべきとされていますが、電池やろうそくと、容量に限度はあるかもしれないが100ボルトの電源コンセントが使えるのとでは安心感が全く異なります。
ちょっと別の話になるかもしれませんが、最近ではガソリンエンジンだけではなくバッテリーを備えたハイブリッドカーなどのクルマも珍しくなくなってきていますが、このようなクルマのバッテリーの中には、100ボルトの電源コンセントとして利用できるものもあり、ある意味で図らずも災害時に備えた形になっていると言えるかもしれません。

家庭用蓄電池があれば電気の自給自足が可能

家庭用蓄電池があれば、もちろんその容量と家庭内でどれくらい電気を使うかのバランスが前提ではあるものの、電気の自給自足も可能になります。
どのようにして蓄電池に充電するのかですが、当然ながら電力会社から購入したものであっては意味がありません。
何とかしてそれに頼ることなく充電できる方法を考え出さないといけないわけですが、一般的には太陽光発電が最適です。
太陽光発電とは太陽の光によって電気を生み出すもので、屋根の上などにソーラーパネルと呼ばれるパネルを設置することにより、日中で太陽光があたっている間は自動的に発電してくれます。
小型ながら、発電所が自宅に併設されたようなものと考えて下さい。
このパネルの大きさとか天候にもよりますが、晴天の夏場の日中であれば、一般的な家庭の電力需要よりも多くの発電は十分に可能であって、余った分を蓄電池に蓄えておくことが可能です。
夜間とか雨天のときに蓄電池から電気を使えば自給自足できます。

必要な時に電気供給できるのが家庭用蓄電池の魅力

必要になった時にそこから電気を供給できるのが家庭用蓄電池の魅力です。
しかも電気供給と言っても乾電池のようなものではなくて、コンセントに差し込んで使う100ボルト電源と同じものというのがポイントになります。
例えば災害時に停電したような際でも、蓄電池の容量の大きさに左右されはするものの、少なくともしばらくは電気をそのまま使い続けられますし、大きな電力を使う電化製品の使用を避けるようにすればさらに長持ちします。
災害時の備えには乾電池とかろうそくを準備している人も多いでしょうが、それとは比較にならないくらいの安心感があるわけです。
もちろん災害への備えだけではありません。
太陽光発電と併用すれば、日中の発電で余った電気を蓄えておき夜間などに利用できます。
あるいは、電気代は一般的に夜間のほうが安いですから、夜間にその安い電気を買って蓄え、昼間にはそれを利用するような方法もあって、いずれも経済的なメリットがあります。

大容量の家庭用蓄電池は10時間以上連続使用できる

大容量の家庭用蓄電池であれば、もちろん実際にどれほどの電化製品を利用するかにもよりますが、10時間以上は連続使用できるものも珍しくありません。
電気をどれくらい使うかは、その電化製品のワット数に使用時間を掛け算することで求められます。
例えば、150Wのテレビを10時間使えば1500Whとなり、これは1.5kWhとなる計算です。
電子レンジとかオーブントースターのような機器はこの数倍から10倍くらいのワット数のものが多いですが、これらは何時間も連続して使うようなものではないでしょうから、トータルで考える必要があります。
仮に平均して500Wの電気を10時間使うと仮定すると5kWhとなるわけですが、大容量の蓄電池であればこの程度は十分カバーできるというか、10kWhを超えるような製品も最近では発売されていますので、それなりに余裕があります。
もちろん電気を節約しながら生活すればさらに長時間使用可能です。

蓄電池に関する情報サイト
注目の家庭用蓄電池

家庭用蓄電池が最近注目をあつめることになっています。それは原油価格の高騰や、EVなどの普及に伴って昼要請を感じている人も多くなっているんです。とくにオール電化にしている家庭では停電になったときに生活がままならず、困ることになります。そこで非常に注目される事態になっているわけなのです。当サイトではその豆知識や雑学についてご紹介していきたいと思います。少しでも皆様のお役に立てることを願ってやみません。

Search